摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害 症状

摂食障害は、現代では、珍しくない疾患です。先進国での発症率が高いことから、社会、文化のありかたと密接した関係にあると言えます。
摂食障害は、拒食症(神経性無食欲症)と過食症(神経性大食症)に分けられます。
拒食症にみられる症状は、以下の通りです。拒食症は、極端なダイエットによる痩せです。
周りから、「痩せすぎ」と言われても、本人は、太ることを極端に怖がっているので、自分の体型が痩せすぎているとは思いません。
太ることに恐怖心を抱いているため、自ら進んで、下剤や利尿剤を乱用したり、食べた物を嘔吐したりします。
そして、栄養が摂れていないのにも関わらず、積極的に勉学に勤しんだり、スポーツをしたりします。
「痩せたい」という強い思いだけで、行動しています。
女性では、無月経にもなります。
拒食症は、痩せの原因と考えられる器質的疾患、精神疾患はありません。
過食症にみられる症状は、以下の通りです。猛烈に食べたいという衝動に駆られ、自制不可能な発作的過食を繰り返します。
しかし、痩せた体重や体型への異常なこだわりがあるため、過食をした後に、水分を多く摂り、口の中に指を入れ、嘔吐を繰り返します。しかし、過食をしても、嘔吐しない人も少数派ですがいます。
過食症の人も、体重や体型にはこだわりがあるので、下剤や利尿剤を乱用します。
そのため、体重は、正常体重を維持する人もいれば、痩せすぎの人もいます。
拒食症の人が、ときおり過食をし、そして、恒常的過食という経過をとることも、多いです。
拒食症、過食症の人は、発病当初は、ほかにいろいろな身体的疾病、精神科的疾患は認められなくても、時間が経過するとともに、身体合併症や精神科的疾患が認められるケースが多い疾病です。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!