摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害になりやすいタイプ

摂食障害は、思春期青年期に発症する確率が高い疾病です。発症年齢は、30歳以下とされています。
摂食障害を患うのは、女子が95%という確率が報告されています。
しかし、近年では、発症年齢の幅が広がり、既婚婦人、青年男子、30歳台後半まで及んでいます。
摂食障害を発症しやすい性格傾向というデータがあります。

●完璧主義者
●真面目な努力家
●親からは「手のかからない子」とみなされている
●融通がきかない
●周りの評価に敏感
●自己評価が低い
●うまくストレス発散ができない
●傷つきやすく、いつも人に気を使う
●美意識が高い、といったものです。

その他には、

●親が過保護で自主性発達が妨げられている
●家庭内に葛藤がある
●表向きは家庭に恵まれているが、実は母親との間に摩擦がある、

といった性格とは別の生活環境に原因がある場合もあります。
普通に生活をしていれば、長所となる性格が、摂食障害には、マイナスに働いてしまい、「もっともっと痩せよう」「食べてしまったことが許せない」と心も身体も虫食んでしまう結果になってしまいます。家庭内に問題がある場合は、母親との関係に問題があることがもっとも多く、それゆえに、思春期の女子に、摂食障害を発症するケースが多発しているとも言えます。女子に発症率が高いのは、女子の間で、ダイエットがよく出る話題だからだとも言われています。女子は、「あのモデルのような体型になりたい」という思いも強く、男子よりも、ダイエットと密接な生活環境に置かれている場合が多いです。しかし、歯止めがかからないほど過激なダイエットをしてしまうと、摂食障害を患うことになります。その人の性格、生活環境などが影響して、結果、摂食障害を患ってしまうのです。

[PR]経理派遣の年収相場