摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害 原因

摂食障害は、心の病気です。女性の話題に、ダイエットは欠かせないと言っても、過言ではないでしょう。思春期に、「あの女優さんのようなスリムな体型になりたい」と、一度は思ったことがある人も多いはずです。摂食障害を患っている人は、勤勉で真面目な人が多いです。それが、ダイエット中に裏目に出てしまい、「もっともっと痩せなければ」という方向へ行ってしまいます。また、自分に自信のない人も、摂食障害になりやすいです。痩せることで、自信を得るわけですが、そのためのダイエットに、歯止めがきかなくなってしまうのです。

摂食障害の原因は、過剰なダイエットです。女性なら、ダイエット経験のある人が多いと思います。しかし、摂食障害を患う人は、痩せるためなら何でもします。下剤も利尿剤も使用し、なおかつ、食事を摂らない、または過食して嘔吐する。そのような異常行為をしてまで、痩せようとします。ダイエットと深く繋がりがあるため、摂食障害を患う患者さんの95%が、女性です。先進国で、摂食障害が多いのは、女性は痩せていることが、魅力の一つである、とされているからです。

また、摂食障害になる人は、ストレスをうまく発散できない人が多いです。そのため、痩せることで、「自分が精神的に追い詰められているということに気付いて欲しい」というメッセージを送っていると言われています。摂食障害を患う思春期の女子には、親(特に母親)とうまくいっていないケースが多くみられます。「自分が辛い状態にいる」ということを、訴える方法が、食事に出てしまい、摂食障害に繋がってしまうのです。ただの過剰なダイエットだけが摂食障害の原因ではなく、その患者の育った環境、置かれている状況が、根本的な摂食障害の原因です。ダイエットによるストレス、家庭内のストレスと、誰もが経験することですが、それらとうまく付き合っていけないことが原因で、摂食障害になる人が多いです。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!