摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害 薬物治療

摂食障害は、薬物治療を行う場合もあります。尿検査、血液検査等をして、不足している栄養素を薬で補います。また、摂食障害を患っている患者さんは、パニック障害、うつ病等を併発する場合も少なくありません。そのため、精神的な安定を目的とした薬物療法を行う場合もあります。薬物治療を積極的に行わず、カウンセリングで心と身体の安定を保とうとする治療方法を推進する病院もあります。
身体に十分な栄養が行きわたっていないと、骨粗鬆症になる可能性もあります。そして、貧血になる可能性も高いです。それらを防ぐため、または正常に戻すために、栄養を薬で補います。摂食障害の患者さんは、痩せること、体型に、とても敏感です。摂食障害の治療が始まったからといって、すぐに普通の食生活に戻ることはありません。普通の食生活に戻るまでには、心の葛藤があります。しばらく通院していると、「食べなくてはいけないことは分かっている」という気持ちが出てきますが、それと同時に、「太るのではないか」という心配も出てきます。そして、パニック障害、うつ病になってしまう患者さんも、少なくありません。摂食障害は、精神的疾患も併発しやすい病気です。精神的疾患が現れたら、それに対する薬物治療も行います。摂食障害を克服するためには、長い道のりです。その間、カウンセリング療法だけでなく、薬物療法も並行して行う病院が多いです。医師により処方された薬をきちんと服用し、心の安定を保つことで、落ち着いてカウンセリングも受けられる状態を作るのも、治療の過程では、大切なことです。摂食障害は、辛い病気ですが、精神的疾患が現れてしまうと、もっと辛い状態になってしまいます。自分を必要以上に苦しめることはせず、早目に摂食障害と向き合う勇気を持ちましょう。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!