摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害 入院治療

摂食障害で、入院治療を必要とするケースは、身体の状態が危険と判断されたときです。入院治療を必要とする摂食障害患者は、精神的疾患も見受けられることが多いです。入院することで、家族、友達と、一定期間距離を置き、心を休ませることから始まります。入院治療では、心理的治療と、身体的治療を行います。身体の状態が悪いと、身体的治療を優先し、栄養指導等を行います。ある程度の身体的治療が進めば、心理的治療も進めます。
日本では、摂食障害専門の入院施設が不足しています。精神科的治療を必要としない、または精神的にも症状が見受けられるが、一般病棟で対処が可能と判断されると、内科的治療を優先するため、内科病棟への入院になるケースもあります。摂食障害患者を専門的に受け入れているが、精神的疾患が顕著に見受けられるケースでは、関連の精神科病院へ紹介される形をとることがあります。
家族、友達と距離を置くことで、摂食障害患者の心を休ませることができます。同時に、入院が必要になるほどの症状が出ている摂食障害患者の家族も、「どうにか治してあげたい」「治って欲しい」と願い、様々な接し方で看病をします。そのため、家族も、看病疲れを感じているケースが多いです。家族も、患者と距離を置くことで、心の安定を取り戻すように、医師、カウンセラーからアドバイスを受けます。摂食障害患者の入院治療は、本人と家族の心を休めることも目的とされています。入院をしたからと言って、すぐに摂食障害を克服できるわけではありません。摂食障害は、過剰なダイエットや受験の失敗等のストレスが原因で発病しますが、根本的には、その患者が育った環境、経験が真の原因です。原因の根が深
いため、入退院を繰り返すケースも多く見受けられます。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!