摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害 嘔吐

摂食障害における嘔吐は、過食症の患者によく見られる症状です。食べ物を飲み込めるだけ飲み込み、大量の水を飲み、自己誘発的に嘔吐します。過食症の患者も、体重や体型に敏感に反応します。しかし、食べたいという衝動にも駆られます。そのため、過食をするのですが、食べてしまったことへの後悔と、体重が増加するのを恐れて、嘔吐に走ります。過食嘔吐は、誰にも見つからないように行う患者がほとんどです。過食嘔吐す
る患者は、食べ物を隠し持って、隠れて過食し、嘔吐します。そのため、家族が症状に気付くのが遅れます。胃の中を空っぽにしないと落ち着かないため、胃液になるまで嘔吐を繰り返すので、胃酸で歯がボロボロになることもあります。そのうち、嘔吐する癖がついてしまい、便器に顔を近づけるだけで、嘔吐をしてしまうといったことにもなります。嘔吐したあと、体重計に乗り、わずかに体重が増えているだけで、パニックに陥り、また、嘔吐を繰り返します。拒食症だった患者が、今まで拒食をしていたストレスを発散させるために、過食症になり、嘔吐するケースも珍しくありません。拒食症と過食症は、症状が交互に出てくるケースが多くみられます。拒食症患者は、食べることで、体重が増加するのを恐れるため、食べ物を口にしません。しかし、その期間が続くと、食べたい衝動に駆られます。しかし、太りたくないという思いが強いため、過食をし、嘔吐してしまいます。過食症と拒食症は、症状が違いますが、体重と体型に敏感に反応するという共通点があります。食べ物を摂ると太る、という思いも同じです。そのストレスを緩和したいがために、拒食症と過食症を繰り返す患者が多くみられるのです。拒食症と過食症は、背中合わせの病気です。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!