摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害 むちゃ食い障害

むちゃ食い障害は、大量に食べ物を摂取しても、自己誘発的に嘔吐することはありません。そして、下剤や利尿剤を使用しません。そのため、体重は増加し、太ることになります。むちゃ食いをするときは、1人で隠れて行います。むちゃ食いをする人が好んで食べるものは、アイスクリームやケーキなど、高カロリーの食べ物が多いです。過食症や拒食症と違い、むちゃ食い障害を患う人は、過食症、拒食症を患う人より、年齢層が高く、男女の割合も、半々です。むちゃ食いをするときは、食べるスピードが早い、満腹で気持ち悪くなるまで食べる、生理的に空腹感を感じていない時でも食べる、といった特徴があります。そして、むちゃ食いをした後には、自己嫌悪や罪悪感に悩まされます。そのため、うつ状態、パニック障害、境界性人格障害、物質使用障害などの精神的疾患を合併する確率が高い傾向にあります。むちゃ食いをする人は、自分が太っていることを分かっていますし、異常な食生活を送っていることを把握しています。しかし、日本ではあまり知られていない症状なので、病院へ行っても、摂食障害ではないと判断され、帰ってきてしまうケースもあります。むちゃ食い障害は、過食症、拒食症の中間に位置しています。欧米での発症率が高い障害です。むちゃ食い障害は、精神的疾患を併発しやすいので、早目の治療が必要です。きちんと病気と向き合ってくれる医師を探すことが、治療の第一歩になるでしょう。むちゃ食い障害には、肥満の治療同様、行動療法が行われます。行動療法により、体重のコントロールや、むちゃ食いをする回数を減らしていきます。認知行動療法は、むちゃ食いを大幅に減らすことが可能です。しかし、体重を減らすことに関しては、効果は期待できません。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!