摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害 対応の仕方

摂食障害を患っている人は、自分が摂食障害だということを、他人に気付かれたくありません。しかし、本当に大切な人には、自分が置かれている状況を知って欲しいので、カミングアウトをします。摂食障害を患う人は、幼い頃に、淋しい思いをした経験があったり、両親が不仲な家庭環境で育ってきた人が多いです。ただの過剰なダイエットが原因とされていますが、根本的な原因は、そこからきています。摂食障害が進行すると、考えが定まらなかったり、以前会ったときと会話が噛みあわなかったりしてきます。そして、人に会うのが怖くなったりします。しかし、大切な人には、嫌われたくないという思いも強いです。摂食障害の人への対応の仕方は、

●外出させて気分転換させようと、無理矢理、誘わないこと
●話が噛みあわなくても、それに対して非難をしないこと
●メールで様子を伺うのは良いが、返信が来ないからといって怒らないこと
●返信を必要とするメールは避けること

、などが挙げられます。摂食障害の人は、大切な人に嫌われたくないという思いも強いです。しかし、無気力状態になったり、頭の中が混乱して、話ができなくなったり、メールが打てなくなったりするときがあります。そのことを、理解してあげましょう。自分が対応できる範囲で対応することも大切です。自分にとっても大切な人だからと言って、全てを受け入れようとすると、自分も不安定になったり、生活ペースが崩れたりと、支障が出てきてしまいます。そのことを、摂食障害の人が知ったら、「私のせいだ」と余計に心に負担を感じさせてしまいます。対応できる範囲で対応することが大切です。話をしたいときに、話を聞いてあげる、といった些細なことが、摂食障害の人にとって、嬉しいことになります。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!