摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害への親の協力

摂食障害を克服するのには、基本的に親の協力が必要です。親が、摂食障害の子供と接するにあたり、注意しておきたい点がいくつかあります。●自分の子供への思い込みを捨てる

●摂食障害という病気についての思い込みを白紙にする
●親自身も摂食障害治療、とくに家族療法の経験が豊富な専門家を相談相手に持つ
●看病で自分を疲れさせないようにする
●子供の回復を長い目で見守る
●同じ摂食障害の子供を持つ親との横の繋がりを持つ
●出来るだけ多くの摂食障害を克服した人に会う

、などです。最後の2つは、家族の自助グループへの参加や専門治療施設、専門相談室を利用することで、同じ境遇の家族や克服者との繋がりを得ることができます。しかし、親の協力を拒否する患者もいます。理由は、患者の数だけあります。しかし、幼い頃から、親に虐待を受けていた、そして、今も虐待されている、と言ったケース以外は、本人のプライバシーを考慮した上で、本人の了解を得て、親に協力を頼みます。「自分の子供が摂食障害になるなんて思いもしなかった」という親は、大勢います。そのため、最初は、子供との接し方が分からずに、子供を逆に傷付けてしまうこともあります。摂食障害を患う患者さんは、家庭内に問題がある、親(特に母親)との確執があるケースが多いです。そのため、最初は、子供に協力を拒否されることがありますが、双方のカウンセリングなどを通し、一つ一つ問題を解決する方向へもっていき、親の協力を得られるように運びます。確執があったが、治療を通して、親子の絆が深まるケースも多くあります。親の協力が一見、得られないようなケースでも、子供が入院するのをきっかけに、協力的になる親もいます。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!