摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害と糖尿病

糖尿病は、血糖値が上昇する病気です。中でも、1型糖尿病は、若年型糖尿病とも呼ばれています。名前の通り、若い年齢層に見受けられる糖尿病です。日
本での1型糖尿病の患者数は、糖尿病全体の数パーセントと、稀な病気です。生活習慣とは関係なく、膵臓のインスリン分泌細胞の破壊によって起こる病気
です。1型糖尿病は、摂食障害を合併するケースがあります。糖尿病の治療は、厳しいセルフ食事コントロールが必要です。1型糖尿病を患い、厳しい食事治療を始め、と、辛い治療の道を若い年齢の患者が歩むことになります。その中で、相談や悩みを誰にも打ち明けることができずに、自分の中に閉じ込めてしまう
患者さんも多くいます。そして、そのはけ口が、拒食や過食に繋がるケースがあります。進行すると、摂食障害になってしまいます。合併症を防ぐには、悩
みを打ち明ける場所を作ることが大切です。医師との信頼関係が、摂食障害の予防に繋がります。自我が成熟する前に、辛い糖尿病生活に入るので、患者の
心理的問題は、重篤です。日本では、まだ心理的問題を抱えた1型糖尿病患者を受け入れることのできる医療機関は少ないです。そのため、摂食障害を合併する前に、患者の心理状態をコントロールするのが難しいと言われています。つまり、1型糖尿病患者の相談、悩みに気付くことができる医師が少ないということになります。それは、1型糖尿病患者が、摂食障害を合併しやすい環境になっているということです。相談や悩みを打ち明ける相手は、医師ではなく、親や友人でも良いのですが、デリケートな問題なだけに、なかなか打ち明けることができないという患者が多くいます。1型糖尿病を患っている患者の家族は、患者の心理状態に敏感に対応することで、医師にも患者の心理状態を把握させることができ、摂食障害の合併を防ぐことが出来ます。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!