摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害と妊娠

摂食障害を患っている女性は、無月経、又は生理不順になっているケースが多いです。一般的に、摂食障害患者は、妊娠できないと言われています。しかし、妊娠するケースもあります。ですが、無月経や生理不順のため、妊娠に気付くのが遅れることが多いです。また、妊娠を望んで妊娠をした摂食障害患者は、自分が摂食障害であることを、医師に隠そうとする女性もいます。妊娠経過を見守るうえで、体重や体型に異常なこだわりがあると感じた場合、食生活や食行動について、調べることが必要となります。摂食障害を患っている女性の妊娠には、精神科とハイリスク出産に対応できる専門病院を選ぶことが重要になってきます。妊娠を希望する摂食障害を患っている女性は、摂食障害の症状が落ち着いてから、妊娠をするのが望ましいです。症状が重たいうちに、妊娠をすると、栄養不足、下剤や利尿剤の乱用や薬を大量に服薬してしまう、などと言った症状が現れ、それが、胎児にも影響が出てきてしまい、流産や妊娠中絶になるケースもあるからです。また、産まれてきた赤ちゃんも、低体重で産まれてきてしまう可能性も高まります。一般的に、摂食障害を患う女性が妊娠したケースでは、摂食障害の症状が落ち着くと言われています。しかし、ある文献では、過食症患者は、出産9ヶ月、拒食症患者は、出産6ヶ月で、症状が悪化したという報告があります。また、他の文献では、妊娠中に過食症の症状が落ち着いたが、出産後には、57%の患者が、妊娠前より過食症の症状が悪化したと報告されています。また、摂食障害患っている女性は、出産後に産後うつを合併する患者さんも多くいると報告されています。摂食障害でも、妊娠を希望する場合は、主治医とよく話し合い、そして、妊娠しても受け入れが可能な病院を選ぶことが大切です。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!