摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

摂食障害と上腸間膜動脈症候群

上腸間膜動脈症候群は、十二指腸水平脚が上腸間膜動脈によって圧迫されることにより閉塞し、急性胃拡張(腹部膨満)や嘔吐などの腸閉塞症状を引き起こす病気です。上腸間膜動脈症候群は、稀にみられる消化器疾患です。予防として、適度な体重を保つこと、急激な体重減少を避けること、また、一度にたくさん食べ過ぎないことが挙げられます。これらのことは、摂食障害の患者に顕著にみられる症状です。そのため、摂食障害の患者の上腸間膜動脈症候群の合併症がみられるのです。摂食障害の患者が、摂食障害を隠して内科や消化器科に受診するケースがあります。拒食症患者の場合は、極端に痩せているので、医師が摂食障害を疑うことが簡単です。しかし、正常体重に近い過食症患者の場合、医師が摂食障害を見逃す確率が高いです。そのため、思春期の患者や20代前半の患者が上腸間膜動脈症候群と診断されたときには、その患者の食生活に疑問を持ち、先行する摂食障害を疑い、見逃さないようにしなければいけません。また、上腸間膜動脈症候群は、進行すると、死の可能性もある病気です。摂食障害の患者は、自分の病歴を正直に、医師に話すことが大切で、治療方針を決める上でも、重要な要素になります。しかし、摂食障害の患者が、内科や消化器科、そして、受診している精神科の医師に、腹部の異常を感じ、そのことについて話をしても、摂食障害の症状の一環と誤解し、上腸間膜動脈症候群を見逃してしまうケースもあります。適切な治療を受けるには、自分の病歴を隠さず医師に話すことがポイントになってきます。摂食障害は、珍しい病気ではありません。また、隠さなくてはいけない病気でもありません。本当のことを話すことから、適切な治療の第一歩が始まるのです。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!