摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

摂食障害@情報館 | 過食症・拒食症の治療・克服法編

  • 文字サイズ 小
  • 文字サイズ 中
  • 文字サイズ 大


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!

睡眠関連摂食障害

睡眠関連摂食障害とは、摂食障害の患者が、就寝直後、あるいは1時間以内に、過食を始めることを言います。食事の内容は、脂肪分や糖類の多い高カロリーなものです。自分で料理を作ったりもします。しかし、睡眠関連摂食障害は、84%の患者が夜間に食事をしたことを、まったく覚えていないか、ほとんど記憶にありません。睡眠関連摂食障害を患っている患者は、極度のストレス状況下にあり、自信を喪失して混乱しています。夜間に過食を行うため、患者の43%は、肥満体型にあります。また、睡眠関連摂食障害の患者の年齢と性別は、10代後半から20代前半で、女性が多いのも特徴です。睡眠関連摂食障害の患者は、夜間の過食を防ぐために、自分の部屋、または冷蔵庫にカギをかける、台所で、家族の誰かに寝てもらう、といった防止策をしますが、効果は期待できません。また、意識があるかないかの状態で、料理を作ることもあるので、火傷や火事の心配もありますし、喉に食べ物を詰まらせる心配もあります。睡眠関連摂食障害の患者は、睡眠障害、自己抑制力喪失感などの問題がみられます。治療法としては、精神行動療法、薬物治療などがあります。薬は、抗てんかん薬、抗うつ薬を処方するケースが多いです。睡眠薬は、病状を悪化させることがあります。しかし、処方薬に依存してしまう可能性も高いです。睡眠関連摂食障害は、ストレスを減らすことがポイントになっています。そのため、ストレスマネージメントクラス、アサーティブトレーニング、カウンセリングが有効と言われています。睡眠関連摂食障害の患者は、アルコールやカフェインの摂取や、薬物乱用を避けることが重要とされています。摂食障害からくるストレスを、いかに自分でコントロールできるかが、キーポイントです。


 >> 現在急増中の摂食障害から30日間で解放されたその方法とは?
 >> 【摂食障害・過食症・拒食症改善マニュアル】 まずはコチラのページをご覧ください!